節約主婦のお勧め保存食

お給料日前だけど、後一品欲しい!そんな時に保存食があると便利ですよね♪ここでは節約主婦の私が常に常備している乾物&レシピをご紹介します♪食費を減らしたい貴方、必見です!

保存食と乾物/お茶

保存食と乾物/お茶

お茶も立派な保存食であり、乾物ですよね。ここでは代表的なお茶の種類やレシピについて説明したいと思います(´∀`*)

日本茶

国内で生産されるお茶は、ほとんどすべてが緑茶。その緑茶が、栽培方法、摘採時期、製造工程などの違いによって、さまざまな種類のお茶になります。

日本茶の種類

緑茶
昭和40年代までは、各地で紅茶が生産されていました(昭和40年で約1,500トン)が、品質・価格面でインド・スリランカに太刀うちできませんでした。また、日本で烏龍茶がブームになった昭和54年(1979年)から60年(1985年)ころには、烏龍茶の製造を試みたところもありますが、紅茶同様に思わしくなく、現状では日本で生産されるお茶はほとんどすべてが緑茶といえます。緑茶は、ほとんどが蒸し製法です。なお、九州の一部で地元消費のため釜炒り緑茶(玉緑茶など)が存在します。茶種別生産量でみると、普通煎茶が3分の2を占めています。
煎茶
煎茶は、緑茶の中で、もっともよく飲まれている代表的なお茶です。お茶は、茶園で栽培した生葉を加工することによって製品となります。生葉は、摘採した時点から酸化酵素の働きによって変化(発酵)が始まりますが、緑茶は新鮮な状態で熱処理(蒸す・炒る)することで酸化酵素の働きを止めた「不発酵茶」です。この「生葉を熱処理し、葉の形状を整え、水分をある程度まで下げて保存に耐えられる状態」にすることを荒茶製造といいますが、蒸して揉んで荒茶を製造するもっとも一般的な製法でつくられたお茶を「煎茶」と呼びます。
深蒸し煎茶(ふかむしせんちゃ)
時間をかけて蒸されることで茶葉が細かくなるため、茶葉そのものの有効成分も体内に摂り入れることができます。普通の煎茶よりも約2倍長い時間をかけて茶葉を蒸してつくったお茶を「深蒸し煎茶」または「深蒸し緑茶」と呼びます。茶葉の中まで十分に蒸気熱が伝わるため、形は粉っぽくなりますが、お茶の味や緑の水色(すいしょく)が濃く出ます。青臭みや渋みがなく、また長時間蒸されることで茶葉が細かくなり、お茶をいれた際に茶葉そのものが多く含まれるので、水に溶けない有効成分も摂取できる特徴をもっています。
玉露(ぎょくろ)
太陽の光を20日間程度さえぎって新芽を育てることで、渋みが少なく十分な旨みをもった味わいのお茶ができあがります。豊富な旨み、独特の香りが特徴の「玉露」は、新芽が2~3枚開き始めたころ、茶園をヨシズやワラで20日間ほど覆い(被覆栽培)、日光をさえぎって育てたお茶が「玉露」になります。最近は、寒冷紗などの化学繊維で覆うことも多くなっています。光を制限して新芽を育てることにより、アミノ酸(テアニン)からカテキンへの生成が抑えられ、渋みが少なく、旨みが豊富な味になります。海苔に似た「覆い香」が特徴的です。同様に被覆栽培する緑茶として「かぶせ茶(冠茶)」がありますが、かぶせ茶は玉露よりも短い1週間前後の被覆期間です。
茎茶(くきちゃ)
仕上げ加工工程で、新芽の茎だけを選別したお茶を茎茶と呼びます。さわやかな香りと甘みをもつ「茎茶」は、玉露や煎茶の仕上げ加工工程で、選別機によって新芽の茎だけを抽出したお茶です。独特のさわやかな香りと甘みが特徴です。中でも玉露や高級な煎茶の茎は、「かりがね」と呼ばれて珍重されています。艶のある鮮やかな緑の茎茶ほど、甘みがあります。赤褐色の太い茎は、機械刈りした硬い部分で、地域によっては「棒茶(ぼうちゃ)」として販売されています。
番茶(ばんちゃ)
日本茶の基本的な主流から外れたお茶を総称して「番茶」と呼びます。茶葉の摘採期や品質、地域などによって、さまざまな意味の番茶があります。番茶は、「番外茶」からきているといわれており、大きく4種類に分類されます。1つ目は一番茶の手摘み、あるいは若芽を摘採した後の遅れ芽を摘採したもので、品質は良好。(専門的には「一茶番」)。2つ目は三番茶を摘採せず、そのまま枝葉を伸ばしたものを秋に摘採したもので、量的にはもっとも多い。(専門的には「秋冬番茶」)。3つ目は仕上げ加工工程で、大きく扁平な葉を切断せずに取り出し、製品化したもの。(専門的には「頭(あたま)」)。そして4つ目は北海道、東北、北陸地方では、地方語として「ほうじ茶」のことです。いずれにしても、摘採期、品質、地域などで日本茶の主流から外れた番外のお茶を指しています。一説には、遅く摘み採ったお茶、つまり「晩茶」から転じて番茶、あるいは番小屋で待機中に飲んだ安いお茶を番茶という説もあります。
ほうじ茶(ほうじちゃ)
煎茶などを炒ることで、香ばしさが引き立ちます。香ばしい香りの「ほうじ茶」は漢字で「焙茶」と表記されることもあります。煎茶、番茶、茎茶などをキツネ色になるまで強火で炒って(ほうじて)、香ばしさを引き出したお茶のことです。この他に、煎茶や番茶の仕上げ加工工程で選別した形の大きい葉や茎を混ぜ合わせ、炒った(ほうじた)ものも含まれます。ほうじ機でほうじ香が生じるまで約200度で加熱し、すぐに冷却されます。炒る(ほうじる)ことによってカフェインが昇華(固体から気体に直接変化する現象)して、香ばしさとすっきりとした軽い味が楽しめます。
玄米茶(げんまいちゃ)
玄米とほぼ同じ量の番茶や煎茶を混ぜてつくられる玄米茶は、さっぱりとした味わいで、幅広い年代の方にお勧めできるお茶です。炒り玄米の香ばしさが楽しめる「玄米茶」は、水に浸して蒸した玄米を炒り、これに番茶や煎茶などをほぼ同量の割合で加えたお茶が「玄米茶」となります。炒り玄米の香ばしさと、番茶や煎茶のさっぱりとした味わいが楽しめます。玄米が混入していることで、煎茶や番茶の使用量が少なくなることから、カフェインが少なく、お子さまやお年寄りの方にもお勧めできるお茶です。

保存食と乾物/お茶のレシピ

【お茶のハンバーグ】

【材料】(4人分)

  • 合いびき肉 400g
  • 玉ねぎ(みじん切り) 1/2個
  • バター 小さじ2
  • パン粉 1カップ弱
  • 牛乳 1/2カップ
  • 卵 1個
  • サラダ油 大さじ2
  • 生しいたけ 8個
  • 木綿豆腐 1/2丁
  • 茶殻 適量
  • 大根(おろす) 適量
  • ポン酢 適量

【作り方】

  • (1)玉ねぎは耐熱容器に入れ、バターをのせてラップをせずに電子レンジで1分加熱します。パン粉は牛乳に浸す。生しいたけは軸を切り、みじん切りにします。
  • (2)ボウルに合いびき肉を入れ、粘りがでるまでよく混ぜる。溶いた卵、(1)の玉ねぎと牛乳に浸したパン粉、生しいたけ、豆腐、茶殻を一緒に加え、よく混ぜ合わせます。
  • (3)(2)を4等分して丸め、両手でキャッチボールして中の空気を抜き、楕円形状にまとめます。
  • (4)フライパンを熱してサラダ油をひき、強めの中火で(3)を焼きます。焼き色がついたら裏返し、弱火にしてふたをして3~4分蒸し焼きにしたらふたを取り、中火にして焼き色がつくまでさらに焼きます。
  • (5)ハンバーグの上に大根おろしをのせ、ポン酢をかけて完成です☆彡

保存食と乾物/茶お茶のレシピ

【お茶とタコのパスタ】

【材料】(2人分)

  • スパゲッティー 200g
  • ゆでタコ lOOg
  • にんにく 1片
  • サラダ油 大さじ2
  • 塩・こしょう 少々
  • しょうゆ 小さじ2
  • お茶(芽茶) 適量
  • かいわれ、かぼす 適量

【作り方】

  • (1)たっぷりの湯に塩を加えて、スパゲッティーをゆでる。タコはうす切りにする。
  • (2)フライパンにサラダ油とにんにくのうす切りを加え、弱火でゆっくり褐色になる迄炒める。
  • (3)タコを加え、さっと炒め、ゆでたてのスパゲッティーを炒め合わせる。塩・こしょう、しょうゆで調味する。
  • (4)仕上げに、お茶(芽茶)をふり入れ混ぜる。かいわれ、かぼす等を添えて出来上がり。

【ポイント】

  • タコはお茶と相性の良い素材。ほのかな茶の香りのする和風シーフードスパゲッティーです。
  • お茶葉(芽茶)は、火からおろすまぎわに加えましょう。